おまとめローンという選択

審査を通りやすくするために必要なことは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おまとめローン 【マレーシア】中銀、今年5~6%成長予測: 内需がけん引、震災影響なし

マレーシア中央銀行は23日、年次報告書を発表し、今年の国内総生産(GDP)成長率が5~6%になるとの見通しを示した。ゼティ総裁は「内需が成長の原動力になる」と強調。東日本大震災の影響も織り込み済みだと説明した。年前半は比較対象となる2010年前半が高水準だったことなどから緩やかな伸びを予測するが、後半は民間消費と投資を中心に内需が伸び、輸出も加速するとみている。

 需要別に見ると、内需の伸びは10年の速報値の6.3%から6.7%に加速すると予測。民間部門は7.4%、公共部門は5.1%伸びるとみる。一方、外需(純輸出)はマイナス24.2%からプラス2.3%に立ち直ると予測する。外国直接投資(FDI)の純流入額は世界的な企業業績の回復や政府の経済改革プログラム(ETP)プロジェクトの推進で、前年の276億リンギ(約7,370億円)から324億リンギに拡大するとみている。

 供給側から見ると、製造業の伸びは10年の11.4%から5.7%に、サービス業は6.8%から5.9%に鈍化すると予測。外需が軟調となり、輸出指向の製造業、貿易関連サービスの伸びが鈍化するとの見通しを示している。ただ、製造業の伸びの減速は、前年の伸びが09年の反動で大きかったことも影響しているとみられる。農業は1.7%から3.4%に伸びが加速。鉱業も0.2%から2.0%に、建設業も5.2%から5.4%にそれぞれ伸びが拡大すると予測する。

 今年のインフレ率は2.5~3.5%の範囲になると予測する。食品や資源の価格が上昇する中で物価上昇圧力を緩和するため、「マクロ経済政策に加え、政府として食料生産の拡大・流通効率化や補助金削減をより緩やかに進めるといった措置を取っている」と説明。原油価格が上昇している中での補助金拠出については「許容できる範囲」との見解を示した。

 2020年の先進国入り目標の達成に向けては「長期的な成長を維持するには、物価の安定が重要」と説明。内需への期待が高まる中、「インフレで購買力が落ち、消費が削がれることは避けたい」と語った

FC2 Blog Ranking

おまとめローン保証人なし

会津若松美容室

賃貸物件

おまとめローンの明暗

会津若松賃貸

会津若松賃貸物件

おまとめローン情報

おまとめローンとっておきの秘策

会津若松賃貸マンション

会津若松賃貸アパート

会津若松賃貸相談

会津若松賃貸情報

会津若松賃貸不動産

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。