おまとめローンという選択

審査を通りやすくするために必要なことは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週の相場見通し 混乱は不可避だが、株式市場の底割れは回避、政策を注視

さて、今週の株式市場だが、週明けは、リスク回避、換金目的、追証発生などなど、様々な理由からの売りが先行する見通しだ。週末11日のシカゴ日経平均先物(円建て)は9975円であり、週明けの日経平均はこれにサヤ寄せしたスタートが想定される。その後は、震災被害の日本経済への影響度合い、それへの財政・金融当局の対応の可否を見極めながらの売り買いになるとみられる。日経平均の想定レンジは9500円~10500円程度。

 結論からいえば、短期的な市場の混乱は不可避だが、日本経済及び株式市場の底割れは避けられ、今週以降の下落場面は、押し目買い好機になる可能性が高いとみている。その理由として、(1)国家的な危機を迎え、ようやく日本の政治がまともに機能する期待が抱ける状況になったこと、(2)昨年10月以降、日銀による円高対応等への期待が抱ける状況が継続していること、(3)需給的には逆張りを好む個人投資家の買いに加え、相場が下がれば自動的に買いを入れてくる主体である、信託銀行経由の公的年金の買いが入ることが予想されること、などだ。

 政治に関しては、現時点では、12日行った2回目の与野党の党首会談では、菅首相は11年度予算案早期成立を求めたが、自民、公明両党は早期の補正編成と国会の休会を提案している。今後、与野党幹事長会談などで調整することになっており、折り合いはついていない。しかし、与野党は14日の衆参両院の国会審議をすべて取りやめ、国会はひとまず「政治休戦」している。各党は、政府の災害対策を優先する必要があるとの認識で一致してもいる

FC2 Blog Ranking

おまとめローン保証人なし

会津若松美容室

賃貸物件

おまとめローンの明暗

会津若松賃貸

会津若松賃貸物件

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。